ウォーターサーバーで赤ちゃんのミルク作りをしよう

最近、ウォーターサーバーを使って赤ちゃんのミルク作りをするご家庭が増えています。
一昔前では、考えることができませんでしたが、今は一般家庭にもウォーターサーバーが普及しているので当たり前のことになりつつあります。
では、ウォーターサーバーの水を赤ちゃんのミルク作りに使用するとどのようなメリットがあるのでしょうか?
一番のメリットは安全性です。
水道水の水を煮沸させて、ミルクに使用するというのが一般的ですが安全面が気になるという人もいるでしょう。
水の中には不純物が混じっている可能性があるので、少しでも安全な水でミルクを作りたいと思うのは親として当然のことです。
ウォーターサーバーの水は厳しい水質基準を満たしたものばかりなので、赤ちゃんの体に害を与えるような物質は含まれていません。
そのため、安心してミルク作りができると思ってください。
そして、ミルク作りの手間がかからないというのもウォーターサーバーの魅力です。
いちいちお湯を沸かさなくてもウォーターサーバーの温水機能を使用すれば簡単に作ることができます。
ウォーターサーバーをミルク作りに使用することによってガス代の節約にもなるので経済的メリットも大きいです。

 

 

 

軟水のウォーターサーバーを選ぼう

ウォーターサーバーであれば、どれでも赤ちゃんのミルク作りに使っても大丈夫という訳ではありません。
向いていない水と向いている水があるので、そのことを理解してからウォーターサーバーを利用しましょう。
もし、向いていない水を使用してしまうと赤ちゃんの体調を壊す原因になります。
赤ちゃんに向いている水は軟水です。
軟水とは硬度が低い水のことで、私たち日本人が飲みなれているものだと思ってください。
硬度はマグネシウムやカルシウム、ナトリウムといったミネラル分の多さによって決まり、
ミネラル分が少なければ少ない方が軟水になります。 一方、ミネラル分が多い水は硬水といいます。
ミネラルは健康的な体を作るのに非常に重要な成分ですが、過剰に摂取するのは良くありません。
大人であれば問題がない量でも赤ちゃんにとっては体への負担が大きくなってしまうので注意しましょう。
一般的に赤ちゃんが硬水を飲んでしまうとお腹を壊し、下痢をすることが多いです。
そのため、赤ちゃんのためにウォーターサーバーを設置するのなら必ず軟水のものを利用するようにしてください。
また赤ちゃんのミルク作りだけではなく、妊婦さんにとっても軟水の方がいいでしょう。

 

 

安全性の高いウォーターサーバーを選ぼう

ウォーターサーバーの水は基本的に安全が約束されていますが、品質検査の方法や項目などは業者によって異なります。
より安全性にこだわるなら、品質検査がより厳しいウォーターサーバーを選ぶようにしましょう。
環境ホルモンや放射能などが混じった水を飲ませる訳にはいかないので、
各ウォーターサーバーの公式サイトで品質検査を確認してください。
安全性を重視するならRO水のウォーターサーバーを選んだ方がいいでしょう。
RO水というのはろ過して不純物を全て除去した水のことで非常に安全性が高いです。
体に有害とされているダイオキシンをはじめ、ウィルスなども一切含まれていません。
ただし、味を整え飲みやすくするために適度なミネラルが加えてあります。
天然水よりも味に深みを感じられないというデメリットはありますが、
安全面に特化しているので赤ちゃんのミルク作りにはもってこいです。
価格も天然水より安い傾向があるので、赤ちゃんがいるご家庭ならRO水を使用した方がいいかもしれません。
しかし、だからといって天然水のウォーターサーバーが悪いという訳ではないので勘違いしないでください。
天然水も安全性には全く問題ないので、赤ちゃんのミルク作りに使用しても大丈夫です。
ただ、天然水のウォーターサーバーを選ぶならきちんとどこの水を使用しているのかやミネラル分がどのくらい含まれているのかをチェックするようにしましょう。
水で便秘を解消

 

 

コストパフォーマンスの優れたウォーターサーバーを選ぼう

赤ちゃんのミルク作りにウォーターサーバーを利用したい場合、注意したいのがコストパフォーマンスです。
ウォーターサーバーを設置するとミルク作りだけではなく、家族の飲み水や料理など色々なことに使用するはずです。
コストパフォーマンスが悪いと毎月の費用がかさんでしまい生活が苦しめる可能性があります。
特に子供ができると今まで以上にお金が必要になるので、経済的負担が増えることが予想されます。
そのため、できる限りコストパフォーマンスに優れたウォーターサーバーを選びましょう。
ウォーターサーバーを維持するのに必要な費用は「初期費用」「水代」「サーバーレンタル代」
「水の宅配料」「メンテナンス料」といったものです。
初期費用は最初だけですし、無料にしているところも多いのであまり気にしなくてもいいかもしれません。
また同じように水の宅配料も無料というところが多いです。
そうすると一番重要になるのが水代・サーバーレンタル代・メンテナンス料の3つです。
水代は業者によって大きく異なるので、少しでも安いところを探した方がいいです。
ウォーターサーバーによって12Lや7Lなどボトルのサイズが異なるので、必ず1Lや500mLあたりで比較するようにしてください。
水の価格が安い場合、ボトルのサイズが小さいだけで、実は相場よりも高いというケースがよくあります。
サーバーレンタル代は基本的に500円~1000円、メンテナンス料はだいたい5000円程度が相場です。
ただし、業者によってはサーバーレンタル代やメンテナンス料を無料というしているところもあります。